ごあいさつ

脱炭素化は世界的な潮流となっており、2020年10月に日本政府も2050年までにカーボンニュートラルを達成することを宣言しました。同年12月には「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」が策定され、再生可能エネルギー政策の大きな前進が見られました。

再生可能エネルギーの主力電源化は脱炭素化の鍵であり、安定的な導入とコストの低減が期待されています。その中でも洋上風力発電は特に注目されており、官民協議会が設立され「洋上風力産業ビジョン」がまとめられました。ここでは2030年に1,000万kW、2040年に3,000~4,500万kWの導入目標が設定され、投資促進や電力インフラの整備、利用ルールの見直しに向けた具体的な取り組みが進められています。

有望な海域の近くには4カ所の拠点港湾が指定されていますが、巨大風車の組み立てには更なる整備が必要です。地域振興やサプライチェーンの構築、国内調達率の増大、関連人材の育成など、多くの課題が残されています。

このような状況下で、足利大学総合研究センターでは洋上風力発電に関連する専門知識を持つ人材を育成するため、「足利大学風力発電アカデミー」を創設しました。1年間の短期集中講座は毎月1回、90分×4コマ(約7時間)の講義を予定しています。

既に洋上風力発電に取り組んでいる方や新たに参入を考えている方々が本講座で学び、知識を共有することで、洋上風力発電業界の発展と脱炭素化社会の構築に貢献することを期待しています。皆様には、本アカデミーの趣旨をご理解いただき、ぜひ短期集中講座にご参加いただきたく存じます。よろしくお願い申し上げます。