第10回 足利大学風力発電アカデミー

第10回足利大学風力発電アカデミー開催日程が決定致しました。
本HP参加お申込みページよりお申込みください。

日時

2022年1月27日(木)9:00~17:30

 

主催

足利大学総合研究センター

 

後援

(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構
(一財)新エネルギー財団
(一社)日本風力発電協会
(一社)日本風力エネルギー学会

(一社)日本太陽エネルギー学会

 

参加費

学生:無料
教育関係者:10,000円(税込)
一般・企業:20,000円(税込)

チラシダウンロードはこちら
※ご案内用にご活用ください。

 

プログラム

第10回足利大学風力発電アカデミー(風力事業に対するファイナンスとその課題)

9:00~10:15 基調講演:「風力事業に対するファイナンスとその課題」
講師:原田 文代 氏
(日本政策投資銀行 執行役員)
講演概要:
政府が掲げる洋上風力発電の高い導入目標達成に向けて多くの企業が積極的な活動を開始しているが、それに必要なファイナンスについて、政府系金融機関である日本政策投資銀行がどのように支えて行くべきかについて、Asset management(資産の管理・運用業務)の観点から、現代ポートフォリオ理論(modern portfolio theory)を活用し、リスクヘッジ等も含め、実際の洋上風力発電を実例に風車機器単体のみならず、浮体、設置工事、保守・運用、資金回収に至る各フェーズにおいて、どのようなマネージメントが必要であり、また具体的にどのような点に注意が必要か具体例を挙げ、ファイナンスを中心に詳しく、かつ分かりやすく解説する。

 

原田文代氏略歴

 

1992年 東京大学経済学部経済学科卒業
1992年 日本開発銀行(現(株)日本政策投資銀行)入行
2009年 世界銀行グループ国際金融公社(IFC)東アジア・太平洋局 Senior InvestmentOfficer(インフラストラクチャー担当)
2012年 DBJ Singapore Limited 副社長
2020年 ストラクチャードファイナンス部長
2021年 執行役員兼経営企画部サステナビリティ経営室長
専門分野:プロジェクトファイナンス(インフラストラクチャー、再生可能エネルギー)、サステナビリティ

10:15~10:30 Q&A

 

10:30~11:30 講演1:「プロジェクトファイナンスの基礎及び洋上風力発電事業におけるファイナンス組成について」
講師:尾寅慎介氏
(住友商事(株)事業金融部 部長代理 事業金融第一チーム長)
講演概要:プロジェクトファイナンスの基本的な概要(プロジェクトファイナンスの特徴、スキーム、長所/短所、関係当事者等)及び当社の欧州洋上風力発電事業におけるプロジェクトファイナンス組成及びアセットリサイクルの事例を交えてご紹介する。

 

尾寅慎介氏略歴

 

丸紅を経て、2009年より三菱UFJ銀行にて、主にPEファンド向けLBOローン組成及び香港にてコモディティ商社向けトレードファイナンス業務を担当。
2018年に住友商事入社し、インフラ案件の海外発電事業のプロジェクトファイナンス組成及び国内洋上風力発電事業開発に従事。
京都大学農学部卒、サンダーバード国際経営大学院にてMBA取得。

11:30~11:45 Q&A

11:45~13:00 昼休み

 

13:00~13:45 講演2:「陸上風力の開発及びファイナンスの留意点」
講師:下條真氏
(日本風力開発(株)執行役員CFO本部長)
講演概要:
風力発電事業には長期に亘る開発が必要となるため、まだプロジェクトファイナンスを組成することができない初期の段階での開発資金を効率的に調達して開発を推進することが重要である。
独立系事業者としての経験から、キャピタルリサイクルやアセットライト等のビジネスモデルを使った資金調達について解説する。また風力発電所の開発・運営における地域貢献や地元企業との協力事例も紹介。

 

下條真氏略歴

オリックスにて航空機リースや事業開発等を担当した後、フィデリティ・インベストメンツ(米国)にて戦略投資や投資先企業のCFOに従事。
さらに日興アセットマネジメントのInternational CFOを経て、2015年に日本風力開発に入社し、CFOとして資本計画及び資金調達全般を担当。
早稲田大学政治経済学部政治学科卒。

13:45~14:00 Q&A

14:00~14:20 次回アカデミーの紹介:風力発電の電力系統接続について(足利大学 佐藤義久)

14:20~14:30 休憩

 

14:30~15:15 講演3:「国内洋上風力発電のファイナンスの実際」
講師:真鍋寿史氏
(丸紅洋上風力開発(株)代表取締役社長)
講演概要:丸紅の洋上風力発電事業の取組、国内初の大型洋上風力発電プロジェクトである秋田港・能代港
洋上風力発電事業の案件概要、建設状況の進捗、EPC契約ストラクチャーやプロジェクトファイナンスの
組成、地元・漁業関係者との折衝についてご紹介する。

 

真鍋寿史氏略歴

1998年丸紅入社。アジアや中近東の情報通信関連の事業投資、EPCプロジェクト、ODA案件のプロジェクトマネジメント業務を担当。電力本部ではデマンドレスポンス関連の米国企業とのJV設立・運営、並びに、再生可能エネルギー(洋上風力、太陽光、水力)の開発、事業会社管理を担当。2017年より秋田洋上風力発電(株)の取締役。
国内電力プロジェクト部副部長を経て、丸紅洋上風力開発の初代社長に就任。
京都大学経済学部卒。

15:15~15:30 Q&A

 

15:30~16:15 講演4:「洋上風力事業におけるファイナンスの役割、課題、今後のイノベーション」
講師:林健太郎氏
(オーステッド ジャパン シニア・リード・コマーシャル・マネジャー)
講演概要:
洋上風力事業の遂行・実現には巨額な資本が必要であり、様々な資金調達の手法がある。その中、バランスシートを活用するファイナンス(コーポレート・ファイナンス)とプロジェクトファイナンス手法の2種類を比較し、日本の洋上風力市場拡大にむけたファイナンスの役割・課題・イノベーションを解説する。また、ESGテーマであるグリーン・イノベーション・ファイナンスの成功事例としてオーステッドの台湾グリーン・ボンドを紹介する。

 

林健太郎氏略歴

伊藤忠商事を経て、UBS証券投資銀行本部にて国内外のM&Aアドバイザー等に従事。2013年より三菱商事にて、LNG(液化天然ガス)事業の海外案件の開発・運営、並びにプロジェクトファイナンスの業務を担当。
2021年よりオーステッド・ジャパンにて洋上風力事業の開発、入札等を担当。
一橋大学商学部卒。

16:15~16:30 Q&A

 

16:30~17:30 パネルディスカッション(原田氏、尾寅氏、真鍋氏、下條氏、林氏、司会進行:佐藤義久)
パネルディスカッションのテーマ(案)
洋上風力発電は投資額が1,000億円~3,000億円という巨額になるが、
・洋上風力発電の保険はどうしているか? どう考えているか? 再保険の引き受け手はいるか?
・リスクをどう考えているか? 例えば、建設途上で巨大地震・津波が来たらどうするのか?
・円も国際通貨とは謂え、実力は¥<<$・€ ($・€ 建ファイナンスも考えるべき時期に来ているのでは?)

 

キャンセルポリシーについて

■キャンセルポリシーについて
足利大学風力発電アカデミーの規約に基づき、お申し込み後の取消は原則不可とさせていただきます。 当日参加できなかった方はオンデマンド配信にて受講ください。

■開催中止について
運営サイドの都合により本アカデミーを中止とする場合には、原則として開催の10日前までにメールにてご連絡致します。この際に受講料は全額ご返金させていただきます。

■講義内容の変更について
講師の急病ややむを得ない事情により予定通りの内容にて実施ができない場合、振り替え講義および代理の講師により講座を実施する場合がございます。あらかじめご了承ください。