第9回 足利大学風力発電アカデミー

 

日時

2021年12月22日(水)9:00~17:00

 

主催

足利大学総合研究センター

 

後援

(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構
(一財)新エネルギー財団
(一社)日本風力発電協会
(一社)日本風力エネルギー学会

(一社)日本太陽エネルギー学会

 

参加費

学生:無料
教育関係者:10,000円(税込)
一般・企業:20,000円(税込)

チラシダウンロードはこちら
※ご案内用にご活用ください。

 

プログラム

第9回足利大学風力発電アカデミー

テーマ:風力発電の社会受容

9:00~10:15 基調講演「風力発電の社会受容性(地域との共存共栄)」
講師:牛房 義明 先生
(北九州市立大学 経済学部 教授)
講演概要:
再生可能エネルギーの主力電源である洋上風力発電の飛躍的拡大の為には、立地地域の理解と発展を踏まえた社会的合意形成が必要不可欠である。本講演では、洋上風力における社会的受容性に関する研究を紹介する。特に、社会的受容性に影響を与える要因、社会的受容性を向上させる方策について紹介し、またオンラインアンケート調査による日本における洋上風力に対する認知度、受け入れ状況、評価など紹介する。

 

牛房義明先生略歴

2019年7月 京都大学 大学院 経済学研究科 博士後期課程修了 博士(経済学)
2006年 北九州市立大学 経済学部 准教授
2020年4月~現在 北九州市立大学 経済学部 教授
専門分野:環境経済学、エネルギー経済学、行動経済学、因果推論、機械学習

10:15~10:30 Q&A

 

10:30~11:30 講演2:「参加研究からみる洋上風力発電事業と漁業協調」
講師:竹内彩乃先生
(東邦大学理学部生命環境科学科環境ビジネス研究室)
講演概要:洋上風力発電の推進において、立地地域のステークホルダーの理解と協力が不可欠である。本講
演では、これまで研究が行われてきた市民参加分野の先行研究を整理し、洋上風力発電事業の推進に資する参加の理論や実践について、現地調査の状況も踏まえながら説明する。

 

竹内彩乃先生略歴

2007年 早稲田大学理工学部環境資源工学科 卒業
2012年 東京工業大学大学院総合理工学研究科修了
2012年9月~独環境コンサルや独再エネディベロッパーにて大規模木質バイオマス発電、洋上風力発電事業に関与
2015年8月~名古屋大学大学院環境学研究科特任助教
2016年4月~現在 東邦大学 理学部 生命環境科学科 講師
専門分野:地域協働、人材育成、再生可能エネルギー

11:30~11:45 Q&A
11:45~12:00 次回アカデミーの紹介(佐藤義久 足利大学)
12:00~13:00 昼休み

 

13:00~14:15 講演3:「漁業との共生」
講師:安田公昭先生
(名古屋大学大学院 環境学研究科寄附講座教授)
講演概要:洋上風力発電の飛躍的拡大の為には、立地地域の理解と発展を踏まえた社会的合意形成が必要不可欠である。特に漁業者との合意形成について現地調査を基にその解決方法について説明する。

 

安田公昭先生略歴

1979年 東京大学大学院農学系研究科水産学専攻博士課程修了 農学博士
2009年 名古屋大学大学院 環境学研究科寄附講座教授
2019年~現在 EON/RWE Stakeholder Manager
専門分野/研究テーマ:洋上風力発電の事業化における Stakeholder Management

14:15~14:30 Q&A

 

14:30~15:45 講演4:「洋上風力発電と漁業協調:魚類の移動生態の観点から」
講師:河邊 玲先生
(長崎大学海洋未来イノベーション機構環東シナ海環境資源研究センター)
講演概要:
洋上風力発電の導入あたり、立地地域の理解情勢、特に海域先行利用者である漁業者の懸念を払拭し期待に応えることが必要不可欠である。陸上とは異なり、海洋をモニタリングするには最新の観測技術を用いながら様々な工夫が必要となる。特に、高い時間分解能で水産重要魚種の移動に関する情報を得ることは、漁業者の知りたい情報につながる。本講演では、“バイオロギング”という方法で洋上風力発電施設とその周辺漁場におけるマダイとブリを追跡した結果を紹介する。このような魚の目線で得られるデータは、漁業者が知りたい施設への蝟集性および周辺漁場との連結性に関する情報を提供できる。

 

河邊 玲先生略歴

2001年 北海道大学大学院水産科学研究科漁業学専攻博士後期課程修了 博士(水産科学)
2003年 長崎大学水産学部 助教授
2020年~長崎大学 海洋未来イノベーション機構 環東シナ海環境資源研究センター教授(センター長)
専門分野:魚類行動生態学、生物海洋学

15:45~16:00 Q&A
16:00~16:10 休憩

 

16:10~17:10 風力発電の社会受容性/漁業との共生に関するパネルディスカッション
(牛房先生/北九州市大、竹内先生/東邦大学、安田先生/名古屋大、河邊先生/長崎大、司会・進行/佐藤義久)