第5回 足利大学風力発電アカデミー

 

日時

2021年8月27日(金)9:00~17:00

 

主催

足利大学総合研究センター

 

後援

(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構
(一財)新エネルギー財団
(一社)日本風力発電協会
(一社)日本風力エネルギー学会

(一社)日本太陽エネルギー学会

 

参加費

学生:無料
教育関係者:10,000円(税込)
一般・企業:20,000円(税込)

チラシダウンロードはこちら
※ご案内用にご活用ください。

 

プログラム

第5回足利大学風力発電アカデミー(風力発電設備と雷)

9:00~10:30 基調講演1「風力発電設備と雷」

講師:横山茂(静岡大学客員教授/電力中央研究所名誉研究アドバイザー)

講演概要:雷現象と絶縁設計の基礎から説き起こし、風車ブレードへの落雷現象と洋上風車の雷害対策の課題について豊富な経験を元に解説する。

 

横山茂先生略歴

1969年 東京大学工学部電子工学科卒業、同年(財)電力中央研究所入所、配電研究室長、電気絶縁部長、首席研究員等を歴任、2012年退職。2011年より静岡大学工学部客員教授。2016年より中部大学客員教授。主に、電力設備、建築物、風力発電設備、人体などの雷害対策の研究に従事。工学博士。2001年~2007年九州大学教授兼任。2001年電気学会副会長。2013年~2016年(国)運輸安全委員会 常勤委員。電気学会著作賞、同論文賞、同業績賞、同進歩賞を受賞。

10:30~10:45 横山先生の基調講演に関するQ&

10:45~12:00 基調講演2-1「風力発電設備の落雷事故」 講師:山本和男(中部大学教授)
12:00~13:00 昼休み
13:00~14:00 基調講演2-2「風力発電設備の雷対策」  講師:山本和男(中部大学教授)
14:00~14:30 山本先生の講演に関するQ&A

講演概要:日本全国各地で発生した風力発電設備の落雷事故について、その調査結果と発生原因、さらには
最新の研究成果を用いた対策方法について解説する。

 

山本和男先生略歴

2007年 同志社大学大学院工学研究科電気工学専攻博士課程(後期)修了,博士(工学)(同志社大学)。現在、中部大学 工学部 電気電子システム工学科 教授。風車,鉄道システム,自動車の雷害対策に関する研究に従事。2017年〜2020年 電気学会 風力発電設備の耐雷健全性維持技術と法規制・規格調査専門委員会 委員長,2020年〜経済産業省 新エネルギー発電設備事故対応・構造強度ワーキンググループ 委員など。電気学会進歩賞,
電気設備学会資料・総説奨励賞など受賞。

14:30~14:45 休憩

14:45~15:45 雷雲活動監視の現状と将来動向:山下幸三(足利大学准教授)
15:45~16:00 山下先生の講演に関するQ&A

16:00~17:00 風力発電設備と雷に関するパネルディスカッション
(横山茂先生、山本和男先生、山下幸三先生、司会・進行/佐藤義久)